SURF&SNOWのスタッフ、アッキーは最近ファミリーキャンプに興味津々。でも、未経験だし道具もないし、子どももまだ小さい。
そういう状況でも気軽にキャンプを楽しめないものだろうか。。。
グリーンシーズンにスキー場でキャンプ場をやってるところも多いし、調べてみると必要なものがレンタルできて手ぶらでキャンプができるところがあるじゃないか!
ということで、今回は手ぶらでキャンプができる戸狩温泉スキー場の星降るキャンプ場へお邪魔した。
*新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止について
本記事で紹介している施設では感染拡大防止の為の対策を講じておりますが、自己の責任においてご利用ください。
また、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、各自治体により自粛要請等が行われる可能性があります。このページで紹介している情報も状況により内容が変更する場合があるため、施設を利用される際はあらかじめ最新情報をご確認ください。
また、お出かけに際しては、新型コロナウイルスへの感染拡大防止を十分に意識し、対策を万全にしていただくよう、ご配慮ください。

常設テントサイトで手ぶらキャンプ

今回、ファミリーキャンプにハマり中のスタッフ、トノファミリーをサポートに引き連れて初キャンプに挑戦。

星降るキャンプ場では、オートキャンプサイトだけでなく、グループで利用できるサイトや、ドッグラン付きサイト、そして、テントやタープ、寝袋などキャンプに必要なギアをひと通りレンタルできる常設テントサイトといった様々なサイトがある。
アッキーファミリーはレンタル付きの常設サイトで、トノファミリーは常設サイトの目の前のフリーサイトでオートキャンプをすることに。

高橋さん

冬は戸狩温泉スキー場スノーボードスクールの校長として多くのスノーボーダーをコーチング。夏は戸狩スキー場が運営するキャンプ場の管理を一手に引き受けるナイスガイ。

常設テントサイトを予約するのはキャンプ初心者の方多いということで、夜に風が強かったりしてテントが倒れることがあった場合、キャンパーだけでも直せるように、高橋さんがテントの設営、メンテナンスの仕方をレクチャーしてくれる。
設方法だけでなく道具のことなど、色々話を聞いていると、やはり自分のギアが欲しくなってくる。
こうやって、どんどんとハマっていき、ギアを集め出すのだろう(笑)。

設営時間を短縮してアクティビティを満喫!

常設テントエリアではテーブルセットなどはすでに設置されており、テント設営もレクチャーしてもらえるので、慣れていない人でも短時間で設営ができる。
となれば、子どもと遊べる時間もしっかり取れるのでありがたい。

星降る☆キャンプ場では、アクティビティも充実!
管理棟内にあるトランポリンや、フリーサイト横の林の中にあるスラックラインは無料で利用可能だし、管理棟のすぐ近くには暑さを避けて遊べる小川も。

カヌー&ラフティングカンパニー『POWERDRIVE R117』

そして、キャンプ場から車で20分程の北竜湖や千曲川ではカヌー&ラフティングカンパニー『POWERDRIVE R117』のカヌーツアーを体験できる。
オーナーの庚さんは、一般的には危険だと言われるような乗り方も、(もちろん安全な環境を整えたうえで)体験させてくれるので、どういった乗り方が危険なのか、危険な状況になった場合どう対応したらいいのかなど、実際に身をもって体験しながらレクチャーしてくれる。
子どもたちも最初はすこし怖がりながらも、最終的にはわざと転覆してみたり、ずぶ濡れになりながら楽しんでいた。
カヌーを楽しんで、日が落ちる前にキャンプ場へ戻ってきたら、BBQの準備。

聞くところによると食材も事前にお願いしておけば近くのお肉屋さんからBBQセットを手配できるとのこと。
今回は道の駅で野菜を調達したり、事前に自分たちで準備してきた。

高橋さん曰く、みゆきポークという飯山の銘柄豚がめちゃくちゃ美味しいとのこと。
実は、たまたま行きしなの道の駅で地元の野菜と一緒に調達したお肉がみゆきポークだと知ってテンションが上がる。それ以外にもちょっと良いお肉も持ってきていて、お楽しみのBBQタイム。
BBQ用の炭、焚き火台、包丁やまな板、トングなど、BBQに困らないくらいの道具は常設テントのプランに含まれているので、手の込んだ料理をしたいということでなければ不自由はしないだろう。
食器類は持参したほうがいいが、忘れた場合でも紙皿などの用意があるので、受付で聞いてみるといい。

星空と焚火を満喫

日が落ちると周囲は一気に暗くなる。BBQもひと段落したら、管理棟で購入したスウェーデントーチと、みんなで薪割り体験をした薪を使って、しっぽりと焚火時間に突入。
星降る☆キャンプ場という名前だけあって、夜がふけるとともに、満天の星が夜空を埋め尽くした。
スタッフが素人ながらに撮影しても、これだけの星空が撮影できる。
BBQ、アクティビティ、焚火、星空。
「初キャンプで盛りだくさんに堪能できて、最高。これはみんなハマるのが分かる気がする。」とアッキーファミリーもキャンプの魅力に取りつかれた模様(笑)。

「スキー場でのキャンプだと、コースの部分をテントサイトに使うと木陰とかがないところも多真夏はたいへんかなと思ったけど、今回は常設テントとタープもセットだったから日陰も作れたし、スラックラインで遊べるエリアが木陰エリアだったり、小川もあって、暑さをうまく避けれたかな。
9月、10月は日中の暑さもおさまっているし、夜も防寒対策さえ気をつければ一番快適な時期かもしれないね。」

これだけ持っていれば大丈夫というキャンプギアは?

今回のようにテント、タープ、寝袋、テーブルにイス、バーベキュー台までセットで借りれると持ち物は本当に最小限で済む。
そのなかで、あったらいいなと思ったものをまとめてみると、

・食器セット
・ランタン
・クーラーボックス
・ウォータータンク
・カセットコンロ
・ブランケット
・ピクニックマット
アッキーファミリーのように、回数も多くない、車にも荷物を大量には積めないということであれば、テントやタープ、寝袋、ローテーブル、バーベキュー台をレンタル、それ以外は近場でBBQをやったりするときに使えるようなギアを集めておけば十分だろう。
防寒対策としてブランケットや毛布があれば秋でも快適に寝れるだろう。ライトが多めにあると安心なので、ランタンはメインとサブでいくつか持っていると便利だ(最近は100円ショップでもラインナップが充実している!)。
これらのギアをちょっとしたコンテナにまとめて、コンテナはBBQのときのテーブルやイス代わりにすることもできるし、最小限の荷物で不便なく楽しめる。

「きっと、回数を重ねると、あれが欲しい、これが欲しい。って言って、気づいたらギアがどんどん増えていくんだけどね(笑)。
でも、手ぶらで行けるプランをうまく活用したら、先行投資を抑えながら回数を重ねられるし、必要なギアを厳選しながら集められるよ。」
夏が終わりつつあるこれからが、実は快適なキャンプシーズン。
ソーシャルディスタンスを保って、感染症対策を心掛けながら、楽しもう。

おすすめキャンプギア

戸狩温泉 星降るキャンプ場

冬は老舗のスキー場。豊かな自然と昔ながらの暮らしを残す北信州の里山『戸狩温泉』。山と緑に囲まれた穏やかな自然が魅力の『とんだいら高原』で解放感溢れるロケーションをお楽しみください!
全面芝生のサイトで解放感溢れるロケーション♪夜には満天の星空が★
スキー場の麓、星降るレストラン(冬期営業)からゲレンデを10分ほど登り『とん平高原』へ!! スキー場内ゲレンデを走ります。『たぬき』や『きつね』、『かもしか』にあえるかも♪

POWERDRIVE R117

長野県でラフティング・カヌー・カヤックツアーを開催しているショップです。日本一の大河「千曲川」(信濃川)と神秘の湖「北竜湖」でアウトドアスクールを開催中。善光寺、志賀高原、野沢温泉、斑尾高原、木島平、戸狩温泉、栄村、十日町、湯沢町、長岡市から簡単アクセス圏内!

施設情報

戸狩温泉 星降るキャンプ場

所在地
長野県飯山市大字豊田6356-二
外部URL
https://togari.jp/summer/camp/
備考
▼お問い合わせはこちら
TEL:0269-65-2359
Form:https://togari.jp/summer/contact/

POWERDRIVE R117

所在地
長野県飯山市照里973-1
外部URL
https://www.powerdrive-r117.jp/
備考
▼お問い合わせはこちら
TEL:080-6540-2438
Mail:powerdrive117@gmail.com
Form:https://www.secure-cloud.jp/sf/1399609476sznDcvjr

施設マップ

インプレイ© ImPlay, Inc.